マサヒトの徒然なる日々

このブログは、フミツキマサヒトが日々の他愛無い戯言やアニメ感想を書くブログです。
別館ブログ『わぁいジュブナイルポルノ マサヒトジュブナイルポルノ大好き』
(18歳以上対象)→http://juvenile0721.blog.fc2.com/
別館ブログ『マサヒトのろこつえろす。』(18歳未満閲覧禁止)
→http://hnhnwawawa.blog.fc2.com/
<< 2013冬アニメ雑感その12 | main | 2013冬アニメ雑感その14 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2013冬アニメ雑感その13
JUGEMテーマ:趣味


◆さくら荘のペットな彼女 第23話
美咲先輩、泣けるぜ……(´;ω;`)ブワッ
卒業式。恐らく来るだろう思われた展開がついにやってきました。答辞にかこつけてのさくら荘取り壊し撤回を求める作戦。答辞を私物化してるとかあーもうめちゃくちゃだよーと思わなくもないですが、先にましろの才能を問題にして無理矢理取り壊しを進めようとしたのは先公どもだったので、ザマァw という気持ちのほうが大きいです。というか、泣けた。燃えた。まさか空太たちも叫ぶとは思いませんでしたが。
今まで彼らは随分と辛い思いもしてきましたから、こうして報われたのは良かったことだと私は思います。次の最終回もよりよいものとなることを期待してます。


◆D.C.掘船澄Εーポ掘繊‖12話
貴重なロリキャラが……(おい
というのは冗談として、さくらが記憶を取り戻して本来の世界へ帰ることになったようです。所見さんはポカーンとしてるのを傍目に、私は哀愁漂わせる彼女の振る舞いに切なさを覚えるくらいですよ。この娘はいつまでに、あんな桜の木なんぞに振り回される人生なんだろうね……。
そして次回で最終回ということは、風見鶏編はアニメ二期で確定ってことですね、分かります。下手なことをせずに初音島編だけのアニメ化にしたことは高く評価したいと思います。まさかの燃え豚アニメになってしましたしね!(え


◆PSYCHO-PASS 第22話(最終回)
長いようで短かったこの作品もついに終焉です。結果として朱は狡噛の槙島殺害を止められませんでしたが、その後の展開はなかなかに興味深い内容でした。
シビュラシステムは依然として朱を気に入り、彼女を懐柔することがいずれ全人類をシビュラシステムに懐柔する指針として、朱もまたそんなシビュラシステムに反目しつつも、今は彼らを受け入れ、そんな世界を守るために刑事の仕事を続ける覚悟をしたようです。
演出としては、朱がかつての宜野座のように新人監視官を迎え入れ、宜野座たち執行官を説明する場面が第1話とほぼ同じだったのは感慨深かったですね。しかし、朱が新人へ聞かせた言葉は宜野座とまた違う内容であったのが、好印象でした。朱も、随分と成長したんですね……(ほろり
かつて「『まど☆マギ』は相容れない存在との和解や拒絶ではなく、折衝を目指した物語」であるという批評をどこかで聞いたことがあります。今回も、それに似たような形で物語が落ち着いたのはやはり虚淵さんが局本であったからでしょうかね。
何はともかく、半年間お疲れ様でした。


◆ROBOTICS;NOTES 第22話(最終回)
この作品もついに最終回となりました。ぶっちゃけ当初はのんびりとして展開に眠気すら覚えていたこともありましたが、ここ数回の急展開は手に汗握るものがありました。
やはりロボットとロボットの戦いって燃えますよね。ドク風に言うなら「ロック」ってやつですよ。少々ガンヴァレルがぎこちない動きだった辺り、あくまで手作りなロボット感が出ていて好感持てました。そんなガンヴァレルがチートロボットをのしちゃったわけですからね。いやぁ、素晴らしかったです!
ま、終わりよければ全て良しってやつです。半年間、お疲れ様でした。


◆閃乱カグラ 第12話(最終回)
ライバルとの決戦⇒共闘の流れはテンプレながら、かなり熱いものがありましたねぇ。よもやこんな展開をカグラで見れるとは、眼福ですわぁ(意味深
まぁB・Cパートの駆け足気味の展開は少々残念ぽくありましたが、それ以上にこの疾走感溢れる流れは最高でしたね。ぶっちゃけおっぱおだけ見れりゃそれで良かったんですが、それ以上の熱さに脱帽です。ゲームの売り上げも上々らしいので、これは……二期来ますな!


◆俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第12話
なんだか真涼さんがドンドン辛くなっているように見えるのは、気のせいじゃなかったようです。
この娘は一体何なんだろうとずっと思ってたんですが、真那の説明でようやく腑に落ちました。お嬢様って、大変なんやね……。
そしてそんな彼女だからこそ、鋭太は放っておけなかったのかもしれません。単に脅迫されてたからでも、彼がお人好しだったからでもなく。
次回で最終回となるこの作品は、ようは「夏川真涼が本当の自分を取り戻すための物語」だったのかもしれません。でもそうなると、真涼が正妻ってことじゃないですか。他のお三方はどうなるんや……。あと真那はどうなるんや……。久々に出てきた、あんなに盛大にデレてくれて、一体どうしてくれるんや……。(知らんがな


◆リトルバスターズ! 第24話
クドの話も終わり、日常回でした。相変わらず鈴と小毬は見てて微笑ましいです。もう結婚すればいいと思うのに(え
あと『世界の秘密』で理樹が何かを感じ取る演出はいつも通りだとしても、鈴が小毬を必死に探し回っていたあの演出は、一体なんだったんでしょうかね……。


◆みなみけ ただいま第12話
千秋は時々、だらしなくなりますよねぇ。鬼教官ェ……w


◆ビビッドレッド・オペレーション 第12話(最終回)
れいとのドッキングきたぁぁぁぁぁぁ! そして作品タイトルのビビッドレッド誕生、そこからのラスボス撃破は熱い展開でしたねぇ。ブラックは犠牲になったとか、武器がパンチかよとか、そんなつまらないこと言ってはいけません。野暮ったいことはこの際ナシです。
とにもかくにも、友情の力は宇宙を破壊する力をも退けられる、そういうことなんです。きっとカラスが言っていた「彼ら」も、それが見たかったんでしょう。だかられいの滅亡した世界への帰還も果たせたのでしょうて。やはり「彼ら」は正しい意味で、あかねたちの世界をテストしていたんですね。まったくもうw
まぁ詰め込みすぎ感は否めませんが、それでも大分楽しむことができました。ラスト直前のこともありますし、これは二期ありますよねぇ?w


◆ラブライブ! 第11話
穂乃果……、無茶しやがって……。
彼女の無鉄砲ながらも勢いのあるところは、良い意味でμ'sを引っ張る大きな原動力ではありました。しかし、今回ばかりはそれが裏目に出てしまったということでしょうか。それに加え、少々自分のことを過大評価しすぎていたのかもしれません。頑張ることは無論大事ですか、周りの状況を的確に把握することも大事なことです。舞い上がってしまっていたんでしょうね。仕方ない……というほかありません。
そしてその一方で、ことりも何やら浮かない顔でありますが、一体何があったのやら……。まさか、μ's崩壊の危機!? しょ、しょんなぁ……(´;ω;`)ブワッ


◆まんがーる! 第13話(最終回)
メタネタで〆るのって斬新ですねぇ……。でも個人的には、改造人間坂本竜馬のほうが観たかったです(おい

◆あいまいみー 第13話(最終回)
納得の神回でしたね。異論は認めない(おい
| フミツキマサヒト | 関連:アニメ | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:51 | - | - | pookmark |
> 美咲先輩
それまでの美咲先輩がどうだったかを思えば、あの「演説」は至極真っ当なやり方に見えてしまいますね。そこに至るまではともかく、内容は。
そしてむしろ突っ走っていたのは空太の方に見えました。
これが伝統の継承というやつでしょうか(笑)。

> 折衝
まどマギについては、雑誌インタビューで、虚淵氏自身がその言葉を用いています。「折衝」というテーマがあった、と。
そういう意味で、確かにシビュラと朱の間に、そして物語の根幹にあったものはそれに近いと言える気がします。

> 真涼が正妻
私はそう思うんですが、正式にそうなると修羅場になりにくいんじゃないですかね〜。他のみんな、何だかんだ言って性格がいいので(字面通りの意味で)。
| 水響俊二 | 2013/04/01 11:48 PM |
>これが伝統の継承
そして最終回の後輩たちにも受け継がれていくんですね。分かります(え

>「折衝」というテーマがあった
今度新作『翠星のガルガンティア』でもそんなテーマで描かれるんでしょうかね。楽しみです。

>正式にそうなると〜
そこはアレ。略奪愛ですよ(おい
| フミツキマサヒト | 2013/04/02 12:48 AM |









http://aquarainbow.jugem.jp/trackback/731
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ ブクログ
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE